白癬菌の侵入とクリアネイルショット。

水虫とは何か?そう聞かれた場合の答えとしては、「白癬菌」というカビの一種に感染した病気と言えます。

 

つまり、水虫はこの白癬菌によって起こる感染症なわけですね。

 

白癬菌は、皮膚の一番外側に存在している角質層というケラチンで形成されたたんぱく質を栄養にして繁殖し、そして角質層の奥へと侵入していきます。

角質層があるところには白癬菌は感染していく事ができるので、つまるところ人間の体のどこにでも感染していくことができるわけですね。

角質層というのは、人の体の最も外側にあるもので、外からの刺激から人の体を守るために存在していますが、白癬菌はそれを溶かしてしまうケラチナーゼという酵素を持っています。

さて、ではクリアネイルショットが目的としている爪水虫についてはどうでしょうか?

実は爪もまた、角質層と同じくケラチンでできています。ある意味では爪水虫の原因である白癬菌は爪に侵入する際にも、ケラチナーゼという酵素によって爪を溶かしていると考えられます。

 

ですが、ここが爪水虫のポイントで、ケラチナーゼという酵素によって溶けるケラチンによって爪は、違う意味では成分によっては侵入を許しまう、という事です。

クリアネイルショットはここに着目して、白癬菌を殺菌できる成分を開発した、と言っても良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です